建売り住宅のトレンド|ZEHはエネルギーを生み出すシステムを搭載した住宅

ZEHはエネルギーを生み出すシステムを搭載した住宅

建売り住宅のトレンド

貯金箱

一戸建て住宅の取得では、土地と建物を同時に入手できる分譲住宅がトレンドとなっています。土地を購入して建物を建てるとなれば、手間がかかる上に時間も取られることから敬遠する動きが見られるようになっています。大阪でも建売りの分譲住宅が人気とあって、多く販売されています。その分譲住宅にもトレンドが見られますが、ます大阪では都市型と呼ばれる構造が増えています。これは狭い土地を有効に生かして居住空間を確保する設計のことですが、一階に駐車スペース、二階はフロアのほとんどがリビングとなり三階が寝室などといった設計になります。さらにオール電化にすることで、光熱費を大幅に削減できるような工夫も見られるようになっています。

大阪ではハウスメーカーが分譲住宅の開発に力を入れていますが、流行のトレンドもしっかりと取り込んで住みやすさを追求しています。まず収納は数を増やさずに設置場所を厳選して、広めに確保するスタイルになってきています。余裕があればウォークインクローゼットを設置していますが、中にはウォークスルーとすることで動線を確保するアイデアも見られます。また大阪での分譲住宅のデザインには、これまでのようなコンテンポラリーやシンプルモダンのような直線的なものから、北欧調を思わせる丸みを帯びたものが増えています。狭小地であっても、狭さを感じさせない工夫として採用されるケースもありますが、こじんまりとした空間が居心地の良さを感じさせてくれるものとなります。